葛西臨海水族館

9月15日(日) カブ隊の活動

戸越八幡神社に朝9:00に集合して、大井町駅まで徒歩1時間かけてで移動。大井町駅から、りんかい線、京葉線を乗り継ぎ葛西臨海水族園に到着!持ち物は、おにぎり、水筒、いつもの常備品です。カブ隊の活動ですが、今日はビーバー隊も参加しました。品川2団は人数は少ないので、ビーバーとカブも一緒に活動する事がよくあります。

ペンギンが泳ぐ姿を下から観察できました。ペンギンのお腹をこんなに近くで見る機会はなかなかありません。

実際にエイやサメにも触る体験もできました。子供達に聞くと、サメの肌はザラザラしていた。←ざらざらしている肌をサメ肌と言ったりしますよね。エイの肌はサメとは違い、ヌルヌルしていたとの事。このエイの尾の毒針は既に抜いてあるので、子供達が触っても大丈夫との事です。ご安心を…。

様々なアクティビティー体験をしました。
写真左は、魚は子供と大人の姿を比べるとだいぶ違うけど、子供が成長すると、どの大人の姿になるのか?線をたどっていくと、正解が分かる仕組みになっています。

写真右は、ゴムてっぽうのゲームをしているところです。

お天気も良くて、最高!この後、大井町から、解散場所まで1時間徒歩で帰りました。行きと返りで往復2時間も歩いたので、子供達は疲れた様子でしたが、良い運動になり、楽しそうでした!

 

 

玉葱の皮で染め物

8月24日(土) ビーバー隊の活動

ビーバー隊は身近にある材料でTシャツを染めてみました。染料は玉葱の皮です。不思議ですね、ステキな色がでました。

★作り方★★

  • 玉ねぎの皮を大量に用意

  • 輪ゴムで何か所か好きな場所を縛る。
  • 玉ねぎの皮を袋に入れ、水の入った鍋に入れて、煮る

  • 玉ねぎの皮を取り除く。袋を絞る。

  • 琥珀色の染色液が完成!

  • Tシャツを染色液に浸して煮る

  • 取り出したTシャツを水で色が出なくなるまで洗う
  • 外で干す

  • 乾いたら、完成!

 

 

 

本所防災館

本所防災館へ行って来ました。
消火、地震、都市型水害、暴風雨の4体験コーナーを回りもう一回やってみたいと云う声も出たスカウトでしたが指導者の方にやりたいのは解る。だからまた来てくださいと言われました。

本所防災館も以前は設置されていなかった都市型水害体験ができるようになったりと変化しているようです。再度挑戦も良いですね。

 

 

 

ビーバー大集合

6月16日、日野学園の体育館で行われたビーバー大集合に参加しました。つばさ地区のビーバーが続々と集まりました。

 

今年のテーマは化学実験。ペットボトルで空気砲を作成して的当てで遊んだり、スライムを作成したり、見えなかったマークが光を当てると見えたりなどなど10箇所くらいでいろんな化学を体験。

 

一番人気はスライムで2回作らせていただきました。いつもは違う場所で活動しているビーバー隊。こんなにたくさんいるのですね。仲間と一緒の空間で楽しい一日でした。

シーターポン作り

2015年2月11日 本部

 早朝は霜が降りる寒さでしたが、午前中には暖かくなって土がぬかるみました。汚れ防止にござを敷いて、その上にドームテントを張りました。更に内床には厚手のグランドシートと銀マットで補強。テーブルを押し込んでお座敷の完成です。残念ながらコタツはありません(笑)

 

DSCN0430 シーターポンとはレジャーシートのような物。だけども、雨よけや袋として使うこともできる多目的道具でもあります。各組織や、その時々で材料や作り方も違ってきますので、ネットで検索するのも楽しいですよ。

DSCN0428 デパートなどでもらう「手さげ紙袋」 を長方形状に開いて手さげ部分を除去します。紙面裏側を表にして、正方形に近い形で二つ折りします。そして、両面にイラストや名前を描きます。決められた時間で書き上げるのは大変。

DSCN0429 イラストが完成したら外部をビニールシートで包み、四方をパンチングで多数穴あけします。そこへビニールひもで縁を縫って完成です。一ヶ所は袋状に開くようにすると便利さが広がります。

DSCN0431

DSCN0433

DSCN0434

DSCN0435

DSCN0437

DSCN0438

DSCN0440

DSCN0439 みんな、とても上手に出来ました。
 決められた少ない時間と材料で『工夫をして』仕上げる。そんなことも訓練のなかで学んで行きましょうね。

 

2015 もちつき

1月25日 本部

 

この季節にしては穏やかな天候に恵まれ、 ほのぼのとした雰囲気で開始。

 

 

2015スキーキャンプ火の管理と米の蒸し具合は、ベンチャー隊とボーイ隊が担当

DSCN0366カブ隊は野菜のカットが上手に出来ました。

ビーバー隊もお餅をちぎったり、具に絡めたり上手。

DSCN0368甘くて美味しいあんころ餅からお雑煮まで、

たくさんの種類を準備してくれた団委員の皆様、ありがとう!

DSCN0373 さあ、美味しい具材に合った餅にしよう!!

DSCN0376参拝者や、かわいいゲストの方々も盛り上げてくれました。

DSCN0382ぼくらのお餅、最高でしょ (どぉ~でぃ)

DSCN0383 わーい! 楽しいよぅ

DSCN0389炎の番人にも順番がきたきた。煙から一時離脱

DSCN0396それそれ!ベンチャー!!

DSCN0404ベンチャー隊長 VS 団委員長??

DSCN0405小休止も大事です

DSCN0406あーん、、、 たくさん食べてね

DSCN0414 いいぞっ ビーバー2人!

DSCN0417来年が楽しみだ!

DSCN0419 よいしょ! よいしょ!

DSCN0423大御所の登場

臼に穴を開け、杵を折りそう

って、冗談ですから・・・

DSCN0425終わりは、国旗降納

DSCN0426

 

敬礼

2015年スキーキャンプ

2015年1月10日(土)~12日(月)

群馬県草津国際スキー場

 

DSCN0347

日中のスキーレッスンが終わり、夕食後に夜のプログラム

宿舎玄関前の雪山をせっせと穴掘り

その穴にロウソクをセット

DSCN0349

深々と降る雪に阻(はば)まれながらも

一本一本に点火

「そなえよつねに」を全員で斉唱

DSCN0358

宿舎の入口は明るく、スカウトの心は温かく照らされました♥

 


 

キャンプ最終日(午前中)

スノーシュー「冬の森ウォッチング」

天候は昨晩から吹雪いているが、ネイチャーセンターへ

決行です

DSCN0359

履物とスノーシューのセッティングをしてもらい、ストックを手渡される

熊避けの鐘を叩いて、天狗山を散策開始

途中、ガイドさんから飴や温かいお茶の励ましをもらい、厳しい冬山を楽しく歩きました

DSCN0362

丁寧、安全、親切に対応・ガイドしてくださった草津天狗山ネイチャーセンターの皆様方、誠にありがとうございました